好立地に住むのはステータスだけではなく、生活水準や人間力を高められるメリットがあります。

引越ししてみる

男性が引越しをする様子

男性は住まいがステータスとして見られるので、引っ越しをして住む家のグレードや地域を変えるだけで女性からの印象が格段によくなることがあります。
これから恋人を作ろうとしている場合は、家のグレードよりもエリアの方が重要です。少し背伸びをしてでも好立地物件への引っ越しを検討してみる価値があるでしょう。

 

実家より1人暮らしの方が大きなアドバンテージになる

現在、実家暮らしの人はエリアや物件のグレードを問わず、1人暮らしをするだけで女性からの印象が格段によくなります
1人暮らしをしている男性は経済力があり自立しているイメージを持たれるほか、付き合ってからの生活をイメージしやすいです。
実家にいた方が食費や光熱費の負担がなく好きに使えるお小遣いは増えますが、1人暮らしすることで彼女を作れる可能性を上げれば、より充実した人生に変化してくでしょう。

 

ブランド力のある地域に住む

女性から好印象を持たれる都会のイメージ

男性の家に女性が入るのは、恋人や口説き落とした関係でないと難しいです。そのため、広くて綺麗な家に住んでいても、女性へのアピールポイントで見ると弱いです。
首都圏であれば東京23区内がおすすめで、オシャレタウンと呼ばれる人気エリアを選ぶと女性からの印象が格段によくなります
郊外の場合はターミナル駅があるエリアの駅チカ物件がおすすめです。
理想は、セキュリティがしっかりしていてお風呂が綺麗なマンションですが、まず恋人を作ることを目標にするなら、家のグレードは妥協してOKです。
郊外の綺麗なマンションに住んでいる場合は、同じ家賃で好立地のボロアパートに引っ越した方がモテやすくなります。
会話の中で住んでいるエリアを口にして好印象を持たれるのはもちろん、マッチングアプリを活用した際もプロフィール情報の印象が格段に良くなります

 

時間に余裕を持てるメリット

現在よりも好立地で駅から近いなど、通勤時間を短縮できる場所に引っ越しすれば、移動時間を削減した分だけ自分の時間を作れます
「タイムイズマネー」と言う言葉もある通り、時間に余裕ができると今まで以上に節約生活ができるようになりますし、ストレス解消を目的にした趣味の時間や睡眠時間を増やせます。
結果的に家賃が増えても無駄な出費を減らして生活費の上昇を抑えることができますし、自分の時間を増やすことで男を磨くことができます
好立地に住むのはステータスだけではなく、生活水準や人間力を高められるメリットがあります。

 

また引越しというのは比較的大きな転機となりますが、それ以上に転職というものは人生に大きな影響を与えます。
今住んでいる場所を変えるだけではなく、仕事についても見直すことで更にチャンスを広げることができるかもしれません。

モテないならいっそ転職も考えてみよう!

 

思い切ってマンションを買うのはアリ?

昨今は独身男性が分譲マンションを購入する事例が増えています。歴史的な超低金利時代のほか、1LDKや2DKなど少ない家族で生活できる間取りの新築マンションが増えています。
35年ローンを組めば、現在の家賃負担と同等の金額でよりグレードが高い家に住めるようになります

 

マンションを購入した場合、短期間しか住まないで売却すると諸費用の負担によって大損します。
将来、結婚して子供を作ることを想定した場合、結婚してからファミリータイプを買った方がいいと思うかもしれないですが、大人2人と小学生以下の子供の3人で住める間取りの家なら、すぐに結婚したとしても10年くらいは住むことができます。
およそ10年ほど住めば、住宅ローン控除の恩恵をフルに活かすことができて、売却した際に残債を売却代金で精算できるようになります。
転勤したり仕事を辞めて地元に戻る可能性がない場合は、思い切ってマンションを買うのはアリで、恋愛におけるアピール対象になります。
ただし、独身なのに無理して3LDK以上や一戸建てなど広すぎる家を買うと、離婚や婚約破棄をした経験を疑われるので注意しましょう。